秋咲きのアマリリスnewインスタ11月の過去記事

アレチヌスビトハギ

マメ科 シバハギ属

Desmodium paniculatum

〔基本情報〕道端や空き地でみられ、高さ50~100cmになる多年草。
全体に開出毛が多くはえます。
葉は互生する3出複葉で、小葉は長さ5~8cm、幅1~4cmで、両面に毛がはえ、特に裏面には多くはえます。
茎先や葉腋から総状花序を出し、小さな蝶形花をつけます。
花は淡い紅紫色で、しぼむと青みが増します。
旗弁の基部には緑色の斑点があります。
果実は扁平で4~6節にくびれ、各節は三角形です。
果実の表面にかぎ状の毛がはえていて、服や動物について運ばれます。

〔来歴〕1965年に大阪で確認され、おもに関東以西に帰化してます。
名前 アレチヌスビトハギ
panicledleaf ticktrefoil、narrow-leaf tick-trefoil、panicled tickclover
花咲く季節 ? 7月、8月、9月、10月
分布または原産地 ? 北アメリカ東部~南部
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 500〜1000mm
葉の形 ? 3出複葉
葉の生え方 ? 互生
花のつき方 ? 総状花序
花の色 ?
検索サイトの検索キー ? アレチヌスビトハギ