秋咲きのアマリリスnewインスタ11月の過去記事

ヤブマメ

マメ科 ヤブマメ属

Amphicarpaea bracteata subsp. edgeworthii

〔基本情報〕
道ばたや林縁などでみられるつる性の一年草。
つるは右巻きで2mほどまで伸びます。
地下茎をもちます。
茎や葉柄、花序軸に白~黄褐色の毛がはえます。
葉は互生し、羽状の3小葉からなり、頂小葉は長さ3~9cm、幅2~6cmの卵形となり、両面に白色の伏した短毛がはえます。
葉柄は長さ1~5.5cmです。
小さな卵形の托葉があります。
花には開放花と閉鎖花があり、地中にも閉鎖花がつきます。
開放花は葉腋に出る長さ1~6cmの偽総状花序に5~12個つき、白色で、旗弁の先が淡紫色となります。
閉鎖花は開放花とは別につき、全体が萼に包まれます。
地中の閉鎖花には地下茎の先端につくものと、地表近くの葉腋から地中に伸びた枝の先につくものがあります。
果実は豆果で地上の開放花および閉鎖花にできるものは長さ2.5~3cm、幅0.6~0.8cmの狭長楕円形で縁に毛が密にはえ、2~4個の種子(豆)がはいります。
地上果の豆は暗褐色に黒い斑点があります。
地中にできる果実は円形で、淡い褐色の薄い果皮に包まれ、ふつう1個の種子(豆)がはいります。
地中果の豆は地上のものより大きく、淡い色で紅紫色の斑点があります。

〔利用〕
地中にできる豆は食用になります。
名前 ヤブマメ (藪豆) 、ウスバヤブマメ (薄葉藪豆)
花咲く季節 ? 8月、9月、10月
分布または原産地 ? 日本(北海道~九州)、朝鮮、中国、台湾、ベトナム、インド北部、ネパール、極東ロシア、南千島
生活型 ? つる性草本
生活様式 ? 地生
形状 ? つる
葉の生え方 ? 互生
花の色 ? 紫、白
葉の色 ?
食用 ?
有用 ? 食用
検索サイトの検索キー ? ヤブマメ