• 深山の林下に生える白い多年草new
  • 質問投稿の仕方と注意点
  • 検索改善しました
  • イタチハギ

    マメ科 イタチハギ属

    Amorpha fruticosa

    〔基本情報〕ふつう高さ1~3mほど、時に6mにもなる落葉低木。海岸林や荒れた河畔、裸地などにはえ、しばしば群生します。
    幹は上部でよく枝分かれし、一年目の枝には稜があります。
    葉は長さ10~30cmの奇数羽状複葉で互生し、6~15対の側小葉をもちます。
    小葉は卵形~楕円形で全縁です。
    枝先に3~5本、長さ6~20cmの総状花序を出し、濃い紫色の花を多数密につけます。
    花は長さ5~7mmで、花弁は旗弁のみで翼弁と竜骨弁はありません。
    雄しべが花弁より長く、黄色い葯が目立ちます。
    果実は長さ5~8mmの豆果で、扁平な楕円形、表面に多数の蜜腺がいぼ状に隆起します。
    豆果は熟しても裂開せず、中に種子が1個含まれます。

    〔来歴〕日本には韓国から1912年に初めて導入され、観賞用として庭園で栽培されました。
    第二次大戦後、山林の砂防、堤防の崩れどめ、生垣づくり、生花用として移入されたものが逸出しました。

    〔備考〕日本各地で野生化し、強健で高温や乾燥に耐え、痩地でも旺盛に生育します。
    「日本の侵略的外来種ワースト100」に選定される一方で、法面緑化などで有用なため、外来生物法では「別途総合的な取り組みを進める外来生物」とされています。
    名前 イタチハギ (鼬萩) 、クロバナエンジュ (黒花槐)
    desert false indigo、false indigo-bush、bastard indigobush
    花咲く季節 ? 4月、5月、6月、7月
    分布または原産地 ? 北アメリカ、メキシコ
    生活型 ? 低木
    常緑・落葉 ? 落葉
    広葉・針葉 ? 広葉
    生活様式 ? 地生
    形状 ? 分枝
    草丈・樹高 ? 1000〜3000mm
    葉の形 ? 奇数羽状複葉
    葉の生え方 ? 互生
    縁の形 ? 全縁
    花のつき方 ? 総状花序
    花の色 ?
    花序の長さ ? 60〜200mm
    葉の色 ?
    耐候性 ? 耐暑性、耐乾性
    用途適性 ? 法面緑化
    検索サイトの検索キー ? イタチハギ