ヒノキnew2月の過去記事沈丁花咲いてますか?

ヤブカラシ

ブドウ科 ヤブカラシ属

Cayratia japonica

〔基本情報〕道端や空き地、畑などで普通にみられる、つる性の多年草。
地下茎を長く伸ばして広がります。
茎には稜があります。
葉や花序と対生する位置に、先が分岐する巻きひげを出し、他のものに絡みつきます。
葉は互生して、鳥足状の5~7小葉からなる複葉です。
小葉は狭卵形で先はとがり、波状の鋸歯があります。
頂小葉は長さ4~8cmとなります。
平らな集散花序を出し、径5mmほどで緑色の4弁花を多数つけます。
花弁は落ちやすく、紅色~橙色の花盤がめだちます。
蜜を多く出し、アオスジアゲハなどが集まります。
果実は黒く熟す液果ですが、結実する個体は西日本に多く、東日本にあるものが結実するのはまれです。

〔備考〕藪を枯らすほど旺盛に繁茂することから名がつきました。
別名のビンボウカズラには「貧しくて手入れできない荒れた庭にはえる」、「この植物が茂ると貧相に見える」、「畑や山林を枯らして貧乏にする」などの説があります。
名前 ヤブカラシ (薮枯) 、ヤブガラシ (薮枯) 、ビンボウカズラ (貧乏葛)
花咲く季節 ? 6月、7月、8月
分布または原産地 ? 日本(北海道南西部~琉球、小笠原)、朝鮮、中国、マレーシア、インド
生活型 ? つる性草本
生活様式 ? 地生
形状 ? つる
葉の形 ? 掌状複葉
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 集散花序
花弁の数 ? 4
花の色 ? 赤、橙、緑、桃
花径 ? 5mm
実の色 ? その他
検索サイトの検索キー ? ヤブカラシ