筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ダイモンジソウ

ユキノシタ科 ユキノシタ属

Saxifraga fortunei var. alpina

〔基本情報〕
山地の渓流沿いなどたえず湿っている岩場や樹上に着生する高さ5~40cmの多年草。
短い根茎をもちます。
葉は根出する単葉で、長さ3~15cm、幅4~20cmの多肉質な腎円形で、葉の縁は浅く掌状に5~17裂します。
葉にはふつう長い毛がはえます。
葉柄は長さ5~20cmです。
高さ5~40cmで赤色を帯びた花茎を伸ばし、集散花序にまばらに花をつけます。
花は白または淡い紅色の5弁花で、上側3個の花弁は小さく、下側2個は大きく八の字形に広がって‘大’の字の形になります。
上向きに咲く花では5個の花弁はほぼ同じ長さになります。
雄しべは10個あり、葯は赤色です。
果実は長さ4~6mmで卵形の蒴果です。
地域によって葉の形や花の色に変異が多いです。

〔利用〕
全草を民間薬として利用します。

〔栽培〕
増殖は実生、株分けによります。
半日陰で水はけ、風通しがよく湿り気のある場所で育てます。
砂や軽石、鹿沼土など軽い土壌に植えるか石づきにするのがよいです。
空中湿度も高いほうがよいです。
水やりは土が乾かないよう、常に湿らせます。
施肥は春~秋まで薄めた液肥を与えます。
病虫害は特にありません。

〔備考〕
花の形を‘大’の字に例えた名です。
名前 ダイモンジソウ (大文字草) 、ミヤマダイモンジソウ (深山大文字草) 、トウホクダイモンジソウ (東北大文字草) 、タケシマダイモンジソウ
花咲く季節 ? 7月、8月、9月、10月
分布または原産地 ? 日本(北海道~九州)、朝鮮、南千島、サハリン
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生、着生
植え付け(または播種)季節 ? 2月、3月
草丈・樹高 ? 50〜400mm
葉の形 ? 分裂葉
葉の生え方 ? 根生
花のつき方 ? 集散花序
花弁の数 ? 5
花の色 ? 桃、白
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、株分け
日照条件 ? 半日陰
水分の必要性 ? 普通、湿潤
土の必要性 ? 必要、水苔
耐候性 ? 耐寒性
用途適性 ? 鉢植、花壇、苔玉、壁面緑化、コンテナ
有用 ? 薬用
日本花き取引コード ? 22671
検索サイトの検索キー ? ダイモンジソウ
エバーグリーンポストでの記事 [ダイモンジソウ]秋の西沢渓谷で、「ダイモンジソウ」を体感してみよう|ユキノシタ科ユキノシタ属|エバーグリーン

「ダイモンジソウ」への投稿写真