おすすめ本と映画new5月の過去記事いいねしよう

ボタンネコノメソウ

ユキノシタ科 ネコノメソウ属

Chrysosplenium kiotoense

〔基本情報〕
沢沿いの湿地でみられる多年草。
走出枝は地を這い、葉腋を除いて無毛です。
葉には根生葉と、花茎や走出枝につく葉があり、根生葉は開花期にも残ります。
葉は円形~楕円形で脈が顕著にめだち、縁に鈍い鋸歯があります。
花茎には葉がつかないか1対の単葉が対生します。
走出枝は花後にのびます。
花茎の先に集散花序を出します。
花序には葉状で卵形~長楕円形の苞があり、苞は開花時には黄色くなります。
花には花弁はありません。
雄しべは8個あり、長さ1.5~2mm、萼より短いです。
花柱も長さ0.8~1mmで萼より短いです。
萼は暗赤褐色で直立します。
果実は蒴果で熟すと割れて、種子が顔を出します。
種子は楕円形で、棍棒状の突起が密に並びます。
名前 ボタンネコノメソウ (牡丹猫目草)
花咲く季節 ? 4月、5月
分布または原産地 ? 日本(本州:岐阜県以西の日本海側)
指定植物 ? 日本固有種
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? ホクリクネコノメ
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生、根生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 集散花序
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? ボタンネコノメソウ

「ボタンネコノメソウ」への投稿写真