山野草イワカガミnewおすすめ本と映画5月の過去記事いいねしよう

ハナチダケサシ

ユキノシタ科 チダケサシ属

Astilbe formosa

〔基本情報〕高さ40~70cmの多年草。
根茎をもちます。
根出葉、茎葉とも3回3出複葉で、小葉は卵形で先が尾状にとがり、縁に欠刻状の重鋸歯があります。
花茎に茎葉が互生します。
花茎の先に円錐状の花序をつけ、花序の枝はよく枝分かれします。
花は白色の5弁花で、花弁は長さ5mmほどのさじ形です。
果実は長さ3~4mmの蒴果です。
名前 ハナチダケサシ (花乳茸刺) 、ミヤマチダケサシ (深山乳茸刺)
花咲く季節 ? 7月、8月
分布または原産地 ? 日本(本州:中部地方亜高山帯)
指定植物 ? 日本固有種
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 400〜700mm
葉の形 ? 3出複葉
葉の生え方 ? 互生、根生
縁の形 ? 重鋸歯
花のつき方 ? 円錐花序
花弁の数 ? 5
花の色 ?
検索サイトの検索キー ? ハナチダケサシ
エバーグリーンポストでの記事 [ハナチダケサシ]7〜8月が見頃の鮮やかな白い花|ユキノシタ科チダケサシ属|エバーグリーン

「ハナチダケサシ」への投稿写真