モッコウバラnew5月の過去記事いいねしよう

ズイナ

ズイナ科 ズイナ属

Itea japonica

〔基本情報〕
林縁や沢沿いなどでみられる高さ1~2mほどの落葉低木。
よく枝分かれして、横に広がります。
一年目の枝は緑色です。
葉や花序はふつう一年目の枝にしかつきません。
葉は互生する単葉で、長さ5~12cmの長楕円形~卵形で、縁に不揃いな細かい鋸歯があります。
葉脈は羽状で、裏面に突出します。
しばしば葉の両面脈沿いに微毛がはえます。
葉は秋に紅葉します。
枝先に長さ5~17cmの総状花序を出し、白色の小さな5弁花を多数つけます。
花序の軸には白色の短毛が密にはえます。
果実は広卵形の蒴果で、熟すと縦の溝に沿って裂開します。
種子は黒色で、ごく小さく、網目模様があります。

〔利用〕
若葉が食用になり、別名はこれに由来します。
名前 ズイナ (瑞菜、髄菜) 、ヨメナノキ (娵菜木、嫁菜木)
花咲く季節 ? 5月、6月
分布または原産地 ? 日本(本州:近畿地方南部、四国、九州)
指定植物 ? 日本固有種
生活型 ? 低木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
形状 ? 分枝
草丈・樹高 ? 1000〜2000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 総状花序
花弁の数 ? 5
花の色 ?
花序の長さ ? 50〜170mm
葉の色 ? 赤、緑
食用 ?
有用 ? 食用
検索サイトの検索キー ? ズイナ

「ズイナ」への投稿写真