おすすめ本と映画new5月の過去記事いいねしよう

ハイキンポウゲ

キンポウゲ科 キンポウゲ属

Ranunculus repens

〔基本情報〕
湿地や牧草地などでみられる多年草。
地際から匍匐枝を出し、先端に子株をつくります。
葉には根出葉と茎につく葉があり、根出葉は長さ5~12cm、幅5.5~15cmで掌状に3全裂し、裂片はさらに切れ込みます。
葉の両面に伏した毛がまばらにはえます。
根出葉の葉柄は長さ10~30cmです。
茎につく葉は互生します。
花は茎先に数個が集散状につくか単生し、径1.8~2.4cmで黄色い5弁花です。
花弁には金属質の光沢があります。
果実は痩果で、多数球状に集まります。

〔栽培〕
増殖は株分けによります。
日当たりと水はけがよく、適度に湿った場所を好みます。
栽培は容易で、条件があえば放任でもよく育ちます。
病虫害は特にありません。
名前 ハイキンポウゲ (這金鳳花)
creeping buttercup
花咲く季節 ? 6月、7月
分布または原産地 ? 日本(北海道、本州:中部地方以北)、北半球温帯~亜寒帯
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、9月、10月
形状 ? 匍匐
葉の形 ? 分裂葉
葉の生え方 ? 互生、根生
花のつき方 ? 単生、集散花序
花弁の数 ? 5
花の色 ?
花径 ? 18〜24mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 株分け
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通、湿潤
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性
用途適性 ? グラウンドカバー、公園・庭園
日本花き取引コード ? 55072
検索サイトの検索キー ? ハイキンポウゲ

「ハイキンポウゲ」への投稿写真