3/15をもってサービスを停止いたします 最後はアマドコロnew

ヒメイチゲ

キンポウゲ科 イチリンソウ属

Anemone debilis

〔基本情報〕
山地~亜高山の日当たりのよい林縁や草地、湿地などにはえる多年草。
根茎はところどころ紡錘状でふくらみ、横に這って広がります。
根茎から根出葉を1個だけ出します。
根出葉は3全裂して、長さ3~12cmの葉柄をもち、裂片は長さ1~2cm、幅1~1.5cmの広倒卵形~菱形で、縁には鋸歯があります。
花茎は高さ5~25cmになり、茎には葉が3枚ずつ輪生します。
茎につく葉は3全裂し、長さ0.4~1.8cmの葉柄をもち、裂片は披針形で縁には鋸歯があります。
茎先に花を単生させます。
花は径0.8~1.7cmほどで上向きに開き、白色で花びらのように見える狭卵形の萼を5枚つけます。
雄しべは多数あり、葯は白色です。
雌しべも多数あります。
果実は狭卵形の痩果で毛が密にはえ、球状の集合果となります。
果托は無毛です。
名前 ヒメイチゲ (姫一華)
花咲く季節 ? 5月、6月、7月
分布または原産地 ? 日本(北海道、本州:奈良県大峰山・中部地方以北)、南千島、ロシア沿海地方、カムチャツカ半島、サハリン
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 50〜250mm
葉の生え方 ? 輪生、根生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 単生
花の色 ?
花径 ? 8〜17mm
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? ヒメイチゲ
エバーグリーンポストでの記事 [ヒメイチゲ]意外な場所でも健気に生きる ヒメイチゲ|キンポウゲ科イチリンソウ属|エバーグリーン

「ヒメイチゲ」への投稿写真