筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ヒナゲシ

ケシ科 ケシ属

Papaver rhoeas

〔基本情報〕
高さ15~70cmになる一年草。
茎はまばらに枝分かれします。
傷つけると白い乳液が出ます。
葉はロゼット状に根出して、羽状に切れ込み、縁に歯牙があります。
高さ15~70cmの花茎の先に径5~10cmの花を単生させ、上向きに開きます。
花弁は4個あり円形で光沢があり、桃~紅紫色でしばしば中心部に黒い斑点があります。
粗い毛がはえた萼が2個ありますが、開花にともなって落ちます。

〔利用〕
ヨーロッパでは民間療法に利用されていました。
花弁を麗春花とよび、鎮咳に利用されます。

〔栽培〕
増殖は実生によります。
種子は好光性なので覆土する場合はごく薄くします。
直根性で大きくなると移植が困難なので、直播するかポットに播いて移植します。
日当たりと水はけ、風通しのよい肥沃な場所に植えればよく育ちます。
酸性土壌は嫌います。
霜や強い寒風にあたると葉が傷むことがあるので、防寒をしてもよいです。
過湿を嫌うので、水やりは降雨にまかせます。
肥料が多いと軟弱になり、花つきも悪くなるので、元肥を施す以外は特に必要ありません。
種を採らないのであれば、花後に花茎を折り取ると株が疲れません。
病虫害としては苗立枯病、灰色かび病、アブラムシなどがあります。

〔備考〕
別名は花の美しさを中国の歴史上の美女、虞美人にたとえたものです。
名前 ヒナゲシ (雛芥子、雛罌粟) 、グビジンソウ (虞美人草)
common poppy、corn poppy、corn rose、poppy、Flanders poppy、red poppy
花咲く季節 ? 4月、5月、6月、7月
分布または原産地 ? 旧世界温帯
ハーディネスゾーン ? 8a〜10b
生活型 ? 一年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 2月、3月、10月、11(播種は9月、10)月
草丈・樹高 ? 150〜700mm
葉の形 ? 分裂葉
葉の生え方 ? 根生
縁の形 ? 歯牙
花のつき方 ? 単生
花弁の数 ? 4
花の色 ? 赤、桃、白、複色
花径 ? 50〜100mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ? 種子、苗
繁殖方法 ?
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
土壌酸度 ? アルカリ性、中性
耐候性 ? 耐寒性
用途適性 ? 花壇、コンテナ、ベランダ
病害 ? 苗立枯病、灰色かび病
虫害 ? アブラムシ
有用 ? 薬用
日本花き取引コード ? 68676
検索サイトの検索キー ? ヒナゲシ