ウワバミソウ new6月の過去記事いいねしよう

オニゲシ

ケシ科 ケシ属

Papaver orientale

〔基本情報〕
高さ45~90cmになる多年草。
高温多湿に弱いため暖地では秋播きの一年草として扱います。
走出枝を出して増えます。
全体に剛毛がはえ、傷つけると白い乳液が出ます。
葉はロゼット状に根出して、長さ30cmで羽状に全裂します。
高さ45~90cmの花茎の先に径10~20cmの花を単生させ、上向きに開きます。
花弁は4~6個あり広卵形、赤色で中心部に黒い斑点があります。
花色は白色に黄色の斑点があるもの、桃色、オレンジ色などもあります。
剛毛がはえた萼が2個ありますが、開花にともなって落ちます。

〔栽培〕
増殖は実生、株分け、根挿しによります。
発芽適温は21℃くらいで、好光性なので覆土する場合はごく薄くします。
北関東から北では夏越しして多年草として扱えます。
日当たりと水はけがよい肥沃な場所に植えればよく育ちます。
酸性土壌は嫌います。
霜や強い寒風にあたると葉が傷むことがあるので、防寒をしてもよいです。
水やりは降雨にまかせます。
肥料が多いと軟弱になり、花つきも悪くなるので、元肥を施す以外は特に必要ありません。
花後に花茎を折り取ると二番花が楽しめます。
名前 オニゲシ (鬼芥子、鬼罌粟) 、オリエンタルポピー
Oriental poppy
花咲く季節 ? 5月、6月
分布または原産地 ? コーカサス、トルコ北東部、イラン北部
ハーディネスゾーン ? 3a〜8b
生活型 ? 一年草、多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 10月、11(播種は9月、10)月
草丈・樹高 ? 450〜900mm
葉の形 ? 分裂葉
葉の生え方 ? 根生
花のつき方 ? 単生
花弁の数 ? 4;6
花の色 ? 橙、桃、白
花径 ? 100〜200mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ? 種子、苗
繁殖方法 ? 種子、株分け
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
土壌酸度 ? アルカリ性、中性
耐候性 ? 耐寒性
用途適性 ? 花壇、コンテナ、ベランダ
日本花き取引コード ? 22066
検索サイトの検索キー ? オニゲシ