山野草イワカガミnewおすすめ本と映画5月の過去記事いいねしよう

ナガミヒナゲシ

ケシ科 ケシ属

Papaver dubium

〔基本情報〕
道ばたや空き地でみられる高さ20~60cmの一年草。
全体に白色の毛がはえます。
葉には根生葉と茎につく葉があり、1~2回羽状に深く裂けます。
茎につく葉は互生します。
花は茎先に単生し、径3~6cmでオレンジ色の4弁花です。
長い毛がはえた萼が2個ありますが、開花にともなって落ちます。
果実は長さ2cmの細長い蒴果で、先端には7~9本の放射状の線がある柱頭が残ります。
果実の中には小さな種子が非常にたくさん入っています。

〔来歴〕
1960年に東京で確認され、各地に帰化しています。
名前 ナガミヒナゲシ (長実雛芥子)
long-headed poppy、blindeyes
花咲く季節 ? 4月、5月
分布または原産地 ? 地中海沿岸地域
生活型 ? 一年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 200〜600mm
葉の形 ? 分裂葉
葉の生え方 ? 互生、根生
花のつき方 ? 単生
花弁の数 ? 4
花の色 ?
花径 ? 30〜60mm
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? ナガミヒナゲシ