筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

タケニグサ

ケシ科 タケニグサ属

Macleaya cordata

〔基本情報〕
日当たりのよい荒れ地などのやせた土地に多くはえる高さ1~2mの多年草。
いわゆるパイオニア植物(先駆植物)です。
茎は円柱状の中空で太く、切るとオレンジ色の汁が出ます。
葉は互生する単葉で、長さ20~40cm、幅15~30cmの広卵形で羽状に中裂します。
葉の裏面は白色で、細かい毛が密にはえます。
茎先に大きな円錐花序を出し、小さな花弁のない白い花をつけ、2個の萼片が花弁状に見えます。
果実は長さ2cm、幅0.5cmの扁平な蒴果です。

〔利用〕
有毒で、殺虫剤に用いられたこともあります。

〔栽培〕
増殖は実生によります。
日当たりと水はけのよい場所であれば放任しても育ちます。
大株になりよく増え広がり雑草化するので注意が必要です。

〔備考〕
名の由来には茎がタケに似るから、この草と一緒にタケを煮ると軟らかくなるからなどの説があります。
名前 タケニグサ (竹似草、竹煮草) 、チャンパギク (占城菊)
plume poppy、five-seeded plume-poppy
花咲く季節 ? 6月、7月、8月
実のなる季節 ? 8月、9月、10月
分布または原産地 ? 日本(本州~九州)、中国、台湾
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 1000〜2000mm
葉の形 ? 分裂葉
葉の生え方 ? 互生
花のつき方 ? 円錐花序
花の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ?
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 花壇
日本花き取引コード ? 16640
検索サイトの検索キー ? タケニグサ