山野草イワカガミnewおすすめ本と映画5月の過去記事いいねしよう

文一総合出版

ヤマブキソウ

ケシ科 ヤマブキソウ属

Hylomecon japonica

〔基本情報〕
落葉樹林内にしばしば群生する高さ30~50cmの多年草。
根茎は短く、横に這います。
茎や葉を傷つけると橙黄色の汁を出します。
葉には根出葉と茎につく葉があり、根出葉は5~7小葉からなる奇数羽状複葉です。
小葉は長さ1.5~5cm、幅1.2~3cmの広卵形~楕円形となり、縁に切れ込みと鋸歯があります。
根出葉には短い柄があります。
茎につく葉は先端近くに互生し、ふつう3小葉に分かれます。
茎の上部の葉腋に、径3~4cmで橙黄色の4弁花が1~2個つきます。
花柄は長さ4~6cmです。
果実は長さ3~5cm、径0.3cmほどの蒴果で直立します。
夏~初秋には地上部が枯れて休眠します。

〔利用〕
有毒ですが、薬用にされます。

〔栽培〕
増殖は実生、株分けによります。
実生の場合は取り播きとします。
秋から花の時期には日当たりがよく、葉が枯れ始めてからは明るい日陰になるような涼しい場所で管理します。
高温や乾燥に弱いので、株元に直射日光が当たらないようにします。
地植えの場合は落葉樹の下がよいです。
水はけがよく肥沃で、適度に湿り気のある土壌を好み、乾燥を嫌います。
水やりは鉢植えの場合は生育期には水切れしないよう土の表面が乾きはじめたらたっぷりと与え、休眠中も乾燥しすぎない程度に与えます。
地植えの場合は極端に乾燥しないかぎり必要ありません。
施肥は元肥のほか生育期間中に薄めた液肥を週1回施します。
病虫害としてはアブラムシ、ハダニがあります。
名前 ヤマブキソウ (山吹草) 、タイリクヤマブキソウ (大陸山吹草)
花咲く季節 ? 4月、5月、6月
分布または原産地 ? 日本(本州~九州)、朝鮮、中国、シベリア東部
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 2月、3月、6月、7月
草丈・樹高 ? 300〜500mm
葉の形 ? 奇数羽状複葉、3出複葉
葉の生え方 ? 互生、根生
縁の形 ? 鋸歯
花弁の数 ? 4
花の色 ? 橙、黄
花径 ? 30〜40mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、株分け
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通、湿潤
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性
用途適性 ? 鉢植、公園・庭園、コンテナ
虫害 ? アブラムシ、ハダニ
有用 ? 薬用
日本花き取引コード ? 16747
検索サイトの検索キー ? ヤマブキソウ