おすすめ本と映画new5月の過去記事いいねしよう

キンキエンゴサク

ケシ科 キケマン属

Corydalis papilligera

〔基本情報〕
沢沿いや林、草地などにはえる高さ10~20cmの多年草。
地下にまるい塊茎をもちます。
塊茎から1本の花茎が出ます。
花茎につく葉のうち1枚は鱗片葉です。
鱗片葉には脇芽がつき、これが大きくなって小球茎となります。
葉は2~4回3出複葉で、小葉は楕円形です。
茎先に総状花序をつけ、数個の花をつけます。
花は長さ2~3cmで、赤紫~紫色です。
花弁は4個ありますが上側の1個が他より長く、長い距をもちます。
下側の花弁の凹み部分は周りが白く縁どられます。
小花柄の基部には扇形で深い欠刻がある苞葉がつきます。
果実は長さ・幅とも1cmほどで広卵形の蒴果です。
種子には乳頭状の突起があります。
種子にはアリが好む附属体(カルンクル)があり、アリによって運ばれて、散布されます。
名前 キンキエンゴサク (近畿延胡索)
花咲く季節 ? 4月、5月
分布または原産地 ? 日本(本州:埼玉県・新潟県以西)
指定植物 ? 日本固有種
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? ヒメエンゴサク、ヤマエンゴサク
草丈・樹高 ? 100〜200mm
花のつき方 ? 総状花序
花の色 ?
葉の色 ?
動物との関わり ? 種子にはアリが好む附属体(カルンクル)があり、アリによって運ばれて、散布されます。
検索サイトの検索キー ? キンキエンゴサク

「キンキエンゴサク」への投稿写真