3/15をもってサービスを停止いたします 最後はアマドコロnew

ミヤマキケマン

ケシ科 キケマン属

Corydalis pallida var. tenuis

〔基本情報〕
日当たりのよい林縁などでみられる高さ30~60cmの越年草。
地下に球形の塊茎はありません。
全体にやわらかく、無毛です。
茎は断面がまるく、下部から枝分かれして、斜めに立ち上がります。
葉には根出葉と茎に互生する葉があり、卵形、1~2回羽状複葉です。
小葉は深く羽状に裂け、縁に欠刻があります。
茎先に長さ3~10cmの総状花序を出し、密に花をつけます。
花は長さ2cmほどで、黄色です。
花弁は4個ありますが上側の1個が他より長く、短い距をもちます。
果実は線形の蒴果で、数珠状にくびれ、黒い種子が1列に並びます。
果実は熟すとはじけ、種子を飛ばします。
種子には円錐状の突起が密にあるほか、アリが好む附属体(カルンクル)があり、アリによって運ばれて、散布されます。
名前 ミヤマキケマン (深山黄華鬘) 、ミヤマケマン (深山華鬘)
花咲く季節 ? 4月、5月
分布または原産地 ? 日本(本州:近畿地方以東・山陰地方、四国)
生活型 ? 越年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? キケマン、ツクシキケマン、フウロケマン
草丈・樹高 ? 300〜600mm
葉の生え方 ? 互生、根生
縁の形 ? 欠刻
花のつき方 ? 総状花序
花弁の数 ? 4
花の色 ?
花序の長さ ? 30〜100mm
葉の色 ?
動物との関わり ? 種子にはアリが好む附属体(カルンクル)があり、アリによって運ばれて、散布されます。
検索サイトの検索キー ? ミヤマキケマン