筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ムラサキケマン

ケシ科 キケマン属

Corydalis incisa

〔基本情報〕林縁や道端などの半日陰の場所や、やや湿った場所でみられる高さ20~50cmの越年草。
地下に球形の塊茎はありません。
植物体は軟らかく、茎はやや角張ります。
葉は互生する2回3出複葉で、長さ3~8cmです。
小葉は羽状~3出状に裂け、縁に欠刻があります。
茎先に長さ4~12cmの総状花序を出し、やや密に花をつけます。
花は長さ12~18mmで、ふつう紅紫色ですが、白色、また花の一部が白色になるものもあります。
花弁は4個ありますが上側の1個が他より長く、長い距をもちます。
萼片は2個あり、糸状に分裂します。
果実は長さ15㎜、幅3~3.5mmの蒴果で垂れ下がります。
果実は熟すと裂け、種子が飛び散ります。
種子にはアリが好む附属体(カルンクル)があり、アリによって運ばれて、散布されます。

〔利用〕全草に有毒成分があり、駆虫剤やタムシなど皮膚病に外用します。
名前 ムラサキケマン (紫華鬘) 、ヤブケマン (薮華鬘)
花咲く季節 ? 4月、5月、6月
分布または原産地 ? 日本(北海道~琉球)、台湾、中国
生活型 ? 越年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 200〜500mm
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 欠刻
花のつき方 ? 総状花序
花弁の数 ? 4
花の色 ? 紫、白
花序の長さ ? 40〜120mm
葉の色 ?
日本花き取引コード ? 70886
検索サイトの検索キー ? ムラサキケマン