筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

キケマン

ケシ科 キケマン属

Corydalis heterocarpa var. japonica

〔基本情報〕海岸近くの林縁や道端、砂質の草地など、やや湿った場所でみられる高さ40~80cmの越年草。
地下に球形の塊茎はありません。
全体がやや白みを帯び、茎や葉を傷つけると悪臭がします。
茎は下部から枝分かれし、太くて中空です。
葉は互生する2~3回3出複葉です。
小葉は深く裂け、縁に欠刻があります。
茎先に総状花序を出し、やや密に花をつけます。
花は長さ15~20mmで、黄色です。
花弁は4個ありますが上側の1個が他より長く、短い距をもちます。
果実は狭披針形の蒴果で、数珠状にはくびれず、黒い種子が2列に並びます。
果実は熟すとはじけ、種子を飛ばします。
種子にはアリが好む附属体(カルンクル)があり、アリによって運ばれて、散布されます。
名前 キケマン (黄華鬘) 、ヒゴキケマン (肥後黄華鬘)
花咲く季節 ? 3月、4月、5月、6月
分布または原産地 ? 日本(本州:関東以西~琉球)
生活型 ? 越年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? ツクシキケマン、フウロケマン、ミヤマキケマン
草丈・樹高 ? 400〜800mm
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 欠刻
花のつき方 ? 総状花序
花弁の数 ? 4
花の色 ?
葉の色 ?
日本花き取引コード ? 61353
検索サイトの検索キー ? キケマン