3/15をもってサービスを停止いたします 最後はアマドコロnew

エゾオオケマン

ケシ科 キケマン属

Corydalis gigantea

谷川沿いの広葉樹林内にはえる高さ1m以上になる多年草。

円筒状でよく肥厚する根茎をもちます。
茎は直立して、毛はなく、なめらかで、基部に黒褐色の鱗片があります。
葉は2~3回3出羽状複葉で、小葉は羽状に裂け、裏面が著しく粉白色を帯び、乾くと表面が黒くなり葉脈がめだちます。

花序は茎先に1個、下方の葉腋に1~3個つき、長さ4~11cmの総状花序となり、10~20個の花をつけます。
小花柄は7~11mmで、苞は線形です。
花ははじめ白色でのち紅紫色に変化し、距ははじめ上向きに湾曲していますがのち真っ直ぐになります。
花は成熟すると距を含めて長さ3cmほどになり、距は太い円筒状で先がまるいです。

果実は蒴果で長さ15~35mm、幅5~7mmの棍棒状です。
種子は径3~3.5mmで光沢がある黒色です。
名前 エゾオオケマン (蝦夷大華鬘) 、オオムラサキケマン (大紫華鬘) 、カラフトオオケマン (樺太大華鬘)
花咲く季節 ? 5月、6月
分布または原産地 ? 日本(北海道富良野西岳)
指定植物 ? EN:絶滅危惧IB類、日本固有種
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 1000mm
葉の形 ? 特殊
葉の生え方 ? 根生、互生
花のつき方 ? 総状花序
花の色 ? 白、紫
花序の長さ ? 40〜110mm
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? エゾオオケマン