3/15をもってサービスを停止いたします 最後はアマドコロnew

文一総合出版

エゾエンゴサク

ケシ科 キケマン属

Corydalis fumariifolia subsp. azurea

〔基本情報〕
林や草地などにはえる高さ10~30cmの多年草。
地下にまるい塊茎をもちます。
塊茎から1本の花茎が出ます。
花茎につく葉のうち1枚は鱗片葉です。
鱗片葉や普通葉の腋から側枝が出ることがあります。
葉は2枚出て、1~3回3出複葉で、小葉は長さ1~3cmで形は変化に富み、縁は全縁となるか3裂します。
茎先に総状花序をつけ、多くの花を密につけます。
花は長さ1.7~2.5cmで、青~青紫色です。
花弁は4個ありますが上側の1個が他より長く、長い距をもちます。
小花柄の基部には苞葉がつき、ふつう全縁です。
種子にはアリが好む附属体(カルンクル)があり、アリによって運ばれて、散布されます。

〔利用〕
塊茎を薬用にします。
葉や花茎を山菜として利用します。

〔栽培〕
増殖は実生、分球によります。
水はけと通気性のよい土を好みます。
新芽が出てから開花までは日当たりがよく、開花後は半日陰になる場所がよく、休眠中は涼しい日陰で夏越しさせます。
地植えの場合は落葉樹の下に植え込むとよいです。
水やりは多湿や乾燥に注意し、土の表面が乾いたらたっぷりと与え、休眠中も乾ききらないようにします。
施肥は生育期間中に油かすなど有機肥料を置き肥します。
病虫害としてはアブラムシ、軟腐病があります。
名前 エゾエンゴサク (蝦夷延胡索) 、ホソバエゾエンゴサク (細葉蝦夷延胡索)
花咲く季節 ? 4月、5月
分布または原産地 ? 日本(北海道)、サハリン、南千島
指定植物 ? 日本固有種
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 9月、10月
草丈・樹高 ? 100〜300mm
花のつき方 ? 総状花序
花弁の数 ? 4
花の色 ? 青、紫
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、球根
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性
用途適性 ? 鉢植、公園・庭園
病害 ? 軟腐病
虫害 ? アブラムシ
食用 ? 花、葉、茎
有用 ? 薬用、食用
動物との関わり ? 種子にはアリが好む附属体(カルンクル)があり、アリによって運ばれて、散布されます。
農林水産省品種登録番号 ? 22059
検索サイトの検索キー ? エゾエンゴサク