ウワバミソウ new6月の過去記事いいねしよう

ジロボウエンゴサク

ケシ科 キケマン属

Corydalis decumbens

〔基本情報〕やや湿った林縁や川岸の草地などにはえる高さ5~20cmの多年草。
植物体は軟らかく、全体に粉白色を帯びます。
地下にまるい塊茎をもち、毎年新しい塊茎が古い塊茎の真上にできます。
塊茎から数本の花茎と根出葉を出します。
根出葉は2~3回3出複葉で、小葉は2~3回深く裂けます。
花茎には柄のある葉が2枚つきます。
茎先に総状花序をつけ、まばらに花をつけます。
花は長さ12~22㎜で、淡紅紫~青紫色、まれに白色です。
花弁は4個ありますが上側の1個が他より長く、長い距をもちます。
果実は長さ15~22㎜の蒴果です。
種子にはアリが好む附属体(カルンクル)があり、アリによって運ばれて、散布されます。

〔利用〕全草に有毒成分があり、塊茎は薬用とされます。

〔備考〕名の「ジロボウ」は三重県・伊勢地方で、スミレを太郎坊、本種を次郎坊と呼び、それぞれの花の距を絡ませて引き合う遊びがあり、これに由来するとされます。
名前 ジロボウエンゴサク (次郎坊延胡索) 、ヤブエンゴサク (薮延胡索)
花咲く季節 ? 4月、5月
分布または原産地 ? 日本(本種:関東地方以西~九州)、台湾、中国
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 50〜200mm
葉の生え方 ? 互生、根生
花のつき方 ? 総状花序
花弁の数 ? 4
花の色 ? 紫、桃、白
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? ジロボウエンゴサク

「ジロボウエンゴサク」への投稿写真