3/15をもってサービスを停止いたします 最後はアマドコロnew

コチヂミザサ

イネ科 チヂミサザ属

Oplismenus undulatifolius var. japinicus

〔基本情報〕
林内の日陰地で多くみられる高さ10~30cmの多年草。
チヂミザサよりやや小さいです。
稈(茎)は細く、基部は長く地を這って枝分かれします。
葉は互生する単葉で、長さ3~7cm、幅1~1.5cmの広披針形となり、波打ちます。
葉の両面には短毛のみがはえます。
葉の基部は鞘となって茎を抱きます。
花序は長さ6~12cmで直立し、枝は6~10個出て伸張せずに短く、密に小穂をつけます。
花序の軸には毛がありません。
小穂は長さ0.3cmほどで2花からなり、ふつう無毛です。
第1苞頴には長い芒があります。
果実が熟すと、苞頴の芒に粘液が出て、動物などにくっついて散布されます。
名前 コチヂミザサ (小縮笹)
花咲く季節 ? 8月、9月、10月
分布または原産地 ? 日本(北海道~九州)、朝鮮、中国
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 100〜300mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
花のつき方 ? 小穂
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? コチヂミザサ