おすすめ本と映画new5月の過去記事いいねしよう

ネズミムギ

イネ科 ネズミムギ属

Lolium multiflorum

〔基本情報〕
高さ0.3~1mになる一年草または越年草。
全体に無毛で、茎は直立します。
葉は互生する単葉で、長さ5~20cm、幅0.5~1cmほどの線形です。
展開前の葉はまるく巻いています。
長さ10~30cmの穂状花序を出し、長さ2~2.5cmで無柄の小穂を互生させます。
花序の軸はざらつきます。
第1苞頴は花序の先端の小穂だけにつき、側小穂では退化しています。
小穂は第2苞頴よりも長く、護穎は先端に長さ1cmになる芒がつきます。

〔来歴〕
明治時代初期に牧草として渡来し、各地で野生化しています。

〔備考〕
外来生物法で要注意外来生物に指定さました。
ホソムギと雑種をつくります。
名前 ネズミムギ (鼠麦) 、イタリアンライグラス 、コネズミムギ (小鼠麦) 、エダウチネズミムギ (枝打鼠麦)
Italian ryegrass
花咲く季節 ? 6月、7月、8月
分布または原産地 ? ユーラシア
指定植物 ? 要注意外来生物
生活型 ? 一年草、越年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 300〜1000mm
葉の形 ? 線形
葉の生え方 ? 互生
花のつき方 ? 穂状花序、小穂
花の色 ?
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? ネズミムギ