おすすめ本と映画new5月の過去記事いいねしよう

ヒメコバンソウ

イネ科 コバンソウ属

Briza minor

〔基本情報〕
畑や道端などの日当たりのよい場所でみられる高さ30~60cmの一年草。
茎は直立します。
葉は長さ5~15cm、幅0.5~1cmの線形で、縁がざらつきます。
茎の上部に、長さ5~15cmで直立する円錐状の花序を出して、多くの小穂が垂れ下がります。
小穂は長さ・幅とも0.4cmの三角状卵形、淡い緑色でやや光沢があります。
小穂は3~6個ほどの小花からなります。

〔来歴〕
日本には江戸時代に渡来し、本州以南で野生化しています。

〔栽培〕
増殖は実生によります。
日当たりのよい場所であれば、土質を選ばずよく育ちます。
栽培は容易です。
病虫害は特にありません。
名前 ヒメコバンソウ (姫小判草) 、スズガヤ (鈴萱)
lesser quaking grass、little quaking grass
花咲く季節 ? 6月、7月、8月、9月
分布または原産地 ? ヨーロッパ
生活型 ? 一年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 9月、10月
草丈・樹高 ? 300〜600mm
葉の形 ? 線形
花のつき方 ? 小穂
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ? 種子
繁殖方法 ?
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 切花、花壇、公園・庭園
日本花き取引コード ? 50954
検索サイトの検索キー ? ヒメコバンソウ