いいねしよう10月の過去記事

メリケンカルカヤ

イネ科 メリケンカルカヤ属

Andropogon virginicus

〔基本情報〕
日当たりのよい空き地や道端などでみられる高さ50~80cmの多年草。
茎は直立して、かたく、基部はやや扁平となります。
葉は長さ10~30cmほどの線形で、中央脈から2つに折れます。
葉鞘の縁には密に毛がはえます。
茎の上部に葉身が退化した総苞葉を出し、その中に2~4個の総からなる花序をつけます。
総には有柄の小穂と無柄の小穂が対になってつき、有柄の小穂は退化して柄のみになります。
無柄の小穂は2小花からなりますが、第1小花は退化します。
第2小花には長さ1~2㎝の芒があります。
有柄の小穂の柄や総の軸には白色の長い毛が密にはえ、この毛によって風で散布されます。

〔備考〕
外来生物法で要注意外来生物に指定されています。
名前 メリケンカルカヤ
broomsedge bluestem、yellowsedge bluestem、whiskey grass
花咲く季節 ? 9月、10月
分布または原産地 ? 北アメリカ
ハーディネスゾーン ? 6a;6b
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 500〜800mm
葉の形 ? 線形
花のつき方 ? 小穂
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? メリケンカルカヤ

「メリケンカルカヤ」への投稿写真