東照宮の花newエバーグリーンのインスタ

アブラガヤ

カヤツリグサ科 アブラガヤ属

Scirpus wichurae

〔基本情報〕
湿地にはえる高さ70~150cmの多年草。
短い地下茎をもちます。
茎は断面が鈍い三角形で、かたく、5~8個の節があります。
葉は根出および互生し、幅0.5~1.5cmの線形となり、茎葉の葉鞘は筒状に密に茎を包みます。
茎先に1~4個の分花序からなる複散房状の花序を出し、小穂が多数つきます。
線形の葉状総苞片があります。
小穂は柄の先に単生するか2~3個が束になってつき、長さ4~8mm、幅2.5~4mmの楕円形で赤褐色です。
小穂の鱗片は長さ2~2.5mm、幅1mmの卵状楕円形です。
6個の刺針状花被片があり、糸状に縮れ、上向きにざらつきます。
果実は淡い赤褐色で、長さ0.8~1.3mmの3稜がある楕円形、刺針状花被片は果実より長く、鱗片の間から突き出します。

〔備考〕
穂の色が油っぽく、多少油のにおいがすることから名がつきました。
名前 アブラガヤ (油茅)
花咲く季節 ? 8月、9月、10月
実のなる季節 ? 8月、9月、10月
分布または原産地 ? 日本(北海道~九州)、中国、千島列島
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 700〜1500mm
葉の形 ? 線形
葉の生え方 ? 互生、根生
花のつき方 ? 小穂
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? アブラガヤ