3/15をもってサービスを停止いたします 最後はアマドコロnew

サンカクイ

カヤツリグサ科 フトイ属

Schoenoplectus triqueter

〔基本情報〕
池沼や川岸の湿地でみられる高さ0.5~1mの多年草。
長くのびる地下茎をもち、群生します。
根は茎の基部からのみ出て、地下茎の節間には出ません。
茎は叢生せず、節から1本ずつ直立し、長さ30~116cm、幅0.2~1cmの三角柱状で、茎の基部より上には節はありません。
葉は2~3枚が根生し、基部は長さ6~24cmの筒状の葉鞘となり、先端に長さ2~10cmで扁平な線形の葉身がつきます。
茎先に小穂が集まって花序となりますが、総苞片が直立するので、側生しているように見えます。
花序は一か所から数個出て、ふつう分枝しない枝があり、先端に1花序あたり1~数個の小穂がつきます。
総苞片はふつう1個つき、長さ1.5~8cmで茎とほぼ同じ形です。
小穂は長さ0.7~1.2cmの卵形~卵状長楕円形で、小穂の鱗片は長さ0.4cmの広倒卵形で上部の縁に毛があってざらつきます。
3~5個の刺針状花被片があり、果実と同じ長さかやや長く、下向きにざらつきます。
果実は光沢のある褐色で、長さ0.2~0.3cmの倒卵形、平滑です。

〔栽培〕
増殖は株分けによります。
日当たりがよい場所を好みます。
植えこむ土は田土が向きます。
鉢植えでは鉢ごと水に沈めて株元が水につかるようにします。
冬に地上部は枯れますが、年間を通じて水が枯れないようにします。
施肥は春~秋に緩効性化成肥料や発酵ずみ油かすを土の中に押し込みます。
名前 サンカクイ (三角藺) 、サンカクスゲ (三角菅)
花咲く季節 ? 7月、8月、9月、10月
分布または原産地 ? 日本(北海道~琉球)、ユーラシア
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? カンガレイ、タタラカンガレイ
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月
草丈・樹高 ? 500〜1000mm
葉の形 ? 線形
葉の生え方 ? 根生
花のつき方 ? 小穂
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 株分け
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 湿潤
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性、耐湿性
用途適性 ? 水辺緑化
日本花き取引コード ? 60856
検索サイトの検索キー ? サンカクイ

「サンカクイ」への投稿写真