山野草イワカガミnewおすすめ本と映画5月の過去記事いいねしよう

テンツキ

カヤツリグサ科 テンツキ属

Fimbristylis dichotoma subsp. dichotoma var. tentsuki

〔基本情報〕
水田のあぜなど湿り気のある場所でみられ、高さ15~50cmになる一年草。
全体に毛がはえます。
葉は根生し、幅1.5~5mmと細長いです。
茎の基部にある葉鞘には毛がはえます。
茎先に葉状の苞葉をつけ、2~3回分岐した花序の枝の先に小穂をつけます。
小穂は長さ5~8mm、幅2.5~3mmの狭卵形で、光沢のある赤褐色です。
果実は長さ0.8~1.2mmの広倒卵形で、表面には格子状の模様があります。
名前 テンツキ (天衝、点突)
実のなる季節 ? 7月、8月、9月、10月
分布または原産地 ? 日本(北海道-琉球)、朝鮮、中国、インド、インドネシア、オーストラリア、アフリカ
生活型 ? 一年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 150〜500mm
葉の形 ? 線形
葉の生え方 ? 根生
花のつき方 ? 小穂
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? テンツキ