3/15をもってサービスを停止いたします 最後はアマドコロnew

カヤツリグサ

カヤツリグサ科 カヤツリグサ属

Cyperus microiria

〔基本情報〕
畑や空き地でみられる高さ30~50cmの一年草。
茎は叢生して、断面は三角形です。
葉は根元に少数つき、幅0.2~0.3cmの線形です。
茎先に小穂がつく枝を出し、基部には葉状の長い苞がつきます。
小穂は黄色~黄褐色を帯び、長さ0.7~1.2cm、幅0.2cmほどの扁平な線形です。
小穂のつく軸や穂状小花序の中軸には狭い翼があります。
鱗片の中肋は緑色で、先が突き出して突起状になります。
果実は長さ0.1cmほどで3稜があります。

〔備考〕
茎を裂いて四角形をつくり、蚊帳を吊った形にして遊んだことに由来する名です。
名前 カヤツリグサ (蚊帳吊草) 、キガヤツリ (黄蚊帳吊)
実のなる季節 ? 8月、9月、10月
分布または原産地 ? 日本(本州~九州)、朝鮮、中国
生活型 ? 一年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? コゴメガヤツリ、チャガヤツリ
草丈・樹高 ? 300〜500mm
葉の形 ? 線形
花のつき方 ? 小穂
花の色 ?
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? カヤツリグサ