さくらと紅葉を同時にnewインスタ12月の過去記事

ササノハスゲ

カヤツリグサ科 スゲ属

Carex pachygyna

〔基本情報〕山地の林内にはえる高さ15~30cmの多年草。
根茎は匍匐して、肥厚します。
茎はやわらかく、基部に淡い色の鞘があります。
葉舌は膜質で淡い紅色を帯びます。
葉は幅1~2cmの披針形で、毛はなく、花期にも前年の葉が枯れずに残っています。
茎先に長さ4~6mmで球形の小穂を数個つけ、小穂の上部にごく短くはっきりしない雄花部、その下に雌花部がつきます。
雌花の鱗片は果胞より短く、広卵形で、緑白色です。柱頭は太く短く、3個に分かれます。
花がつく茎の葉は退化して苞と同じ形となります。
苞は卵形で基部が長く鞘状になります。
果胞は長さ2~2.5mmの3稜形で、無毛です。

〔備考〕葉の形を笹に例えた名です。
名前 ササノハスゲ (笹葉菅)
花咲く季節 ? 4月、5月
実のなる季節 ? 4月、5月
分布または原産地 ? 日本(本州:近畿地方以西、四国)
指定植物 ? 日本固有種
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 150〜300mm
葉の形 ? 線形
葉の生え方 ? 根生
花のつき方 ? 小穂
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? ササノハスゲ

「ササノハスゲ」への投稿写真