おすすめ本と映画new5月の過去記事いいねしよう

ゴウソ

カヤツリグサ科 スゲ属

Carex maximowiczii var. maximowiczii

〔基本情報〕
湿地や池沼のふちでみられる高さ40~70cmの多年草。
叢生して大きな株をつくります。
茎の基部には茶色のやわらかい鞘があります。
葉は幅0.4~0.6cmほどの線形となります。
花茎の先端に小穂をつけ、頂小穂は雄性で線形、赤錆色です。
側小穂は1~3個つき、雌性で、長さ2~3.5cm、径1~1.5cmの太い円柱形となります。
果胞は長さ0.4cmほどの広卵形で、いちじるしくふくらみ、上端は急に短い嘴となります。
果胞の表面には乳頭状の細かい突起が密にあります。
果胞につく鱗片は赤錆色を帯び、先が長くとがります。
名前 ゴウソ (郷麻)
実のなる季節 ? 5月、6月
分布または原産地 ? 日本(北海道~琉球)、朝鮮、中国、南千島列島
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? ヒメゴウソ
草丈・樹高 ? 400〜700mm
葉の形 ? 線形
花のつき方 ? 小穂
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? ゴウソ

「ゴウソ」への投稿写真