桃色のカリンnew今日は菖蒲湯にいいねしよう

クサイ

イグサ科 イグサ属

Juncus tenuis

〔基本情報〕
道端や人家周辺、山道などでみられる高さ30~50cmの多年草。
根茎をもちます。
葉は互生し、茎の下部にまとまってつき、線形で、縁がやや表側に巻きます。
葉の基部は葉鞘となって茎を抱き、葉鞘の上部は膜質の耳状となります。
茎先に集散花序を出します。
花序には苞葉がつき、最下の苞は花序より長いです。
花は花序の小枝に1個ずつつきます。
花被片は6個あり、長さ0.4cmほどの先がとがる披針形、緑色で縁が白い膜質となります。
雄しべは6個あり、花被片の1/2、葯は花糸の1/2の長さです。
蒴果は光沢がある緑褐色の卵形、長さは宿存する花被片と同じかやや短くなります。
種子は粘液をもち、靴の裏などにつくため、人通りのある場所でみられることが多いです。
名前 クサイ (草藺) 、シラネイ (白根藺) 、タチクサイ 、ナギナタクサイ
path rush、field rush、slender yard rush、poverty rush、wiregrass
花咲く季節 ? 6月、7月、8月、9月
分布または原産地 ? 日本(北海道~九州)、ユーラシア
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? ヒメコウガイゼキショウ
草丈・樹高 ? 300〜500mm
葉の形 ? 線形
葉の生え方 ? 互生
花のつき方 ? 集散花序
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? クサイ

「クサイ」への投稿写真