山野草イワカガミnewおすすめ本と映画5月の過去記事いいねしよう

ハナビゼキショウ

イグサ科 イグサ属

Juncus alatus

湿地にはえる多年草。根茎の節間はごく短く、茎は高さ20-40cmで、2稜形で広い翼があります。葉は剣状線形、多管質隔壁が明らかで、葉耳は小型です。
頭花は多数あり、半球形で4-7花からなります。最下苞は花序よりもいちじるしく短いです。花には柄がなく、雄しべは6個です。種子はおがくず状になりません。
名前 ハナビゼキショウ (花火石菖)
花咲く季節 ? 5月、6月、7月
分布または原産地 ? 日本(本州-九州)、朝鮮
検索サイトの検索キー ? ハナビゼキショウ