難を転じるnew1月の過去記事インスタ

ダンドク

カンナ科 カンナ属

Canna indica

〔基本情報〕
高さ1.5~2mになる多年草。
太い根茎をもちます。
葉は互生する単葉で、長さ30~40cmの先がとがる長楕円形~披針形、全縁です。
葉鞘が巻いて重なり偽茎となります。
偽茎の先に総状花序を出します。
花は3弁花ですが、花弁は小さくめだちません。
3個の仮雄ずいが赤色~黄色の花弁状に発達してめだち、うち2個は直立し、1個は唇弁状に垂れます。
雌しべはへら状です。
果実は球茎の蒴果で、熟すと裂開します。
種子は球形で黒く光沢があります。
偽茎や葉の縁、若い果実が赤紫色を帯びるものもあります。

〔来歴〕
日本には江戸時代に渡来したとされ、暖地に帰化しています。

〔利用〕
若葉や根茎を薬用とするほか、根茎からでんぷんが得られます。

〔栽培〕
増殖は実生、分球によります。
日当たりと水はけがよく、肥沃な場所を好みます。
丈夫で栽培は容易です。
水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたら与え、地植えの場合は極端に乾燥しないかぎり必要ありません。
施肥は春から秋の生育期に月に1回、緩効性肥料を与えます。
寒さには弱く、5度以下になると休眠にはいるので、地上部が枯れてきたら刈り取って、敷き藁などで防寒して株を休ませます。
根茎を掘り上げて貯蔵する際は乾燥と凍結を防ぐようにします。
病虫害は特にありません。
名前 ダンドク (檀特)
Indian shot、African arrowroot、edible canna、purple arrowroot、Sierra Leone arrowroot
花咲く季節 ? 6月、7月、8月、9月、10月
分布または原産地 ? 熱帯アメリカ
ハーディネスゾーン ? 7a〜10b
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月、9月
草丈・樹高 ? 1500〜2000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 総状花序
花の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ? 種子、苗
繁殖方法 ? 種、球根
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐暑性、非耐寒性
用途適性 ? 鉢植、花壇、切花、公園・庭園
有用 ? 薬用、食用
日本花き取引コード ? 54208
検索サイトの検索キー ? ダンドク