筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

コナギ

ミズアオイ科 ミズアオイ属

Monochoria vaginalis var. vaginata

〔基本情報〕水田や浅い池沼、湿地などでみられる高さ20~30cmの一年草。
茎は短く、それぞれに1枚の葉がつきます。
葉は長さ3~7cmで、形は披針形、卵心形など変化があります。
葉の表面には光沢があります。
葉柄は長く、基部は鞘状になります。
葉腋から総状花序を出します。
花序の高さは葉より低いです。
花は径15~20mmで青紫色の6弁花です。
一つの花は1日でしぼみます。
花が終わると花序の基部が曲がって下を向き、種子が水に落ちるしくみになります。
果実は蒴果です。

〔来歴〕水稲の伝播とともに伝わった史前帰化植物と考えられています。
『万葉集』にも詠まれています。

〔利用〕全草を薬用として利用します。
名前 コナギ (小菜葱)
花咲く季節 ? 8月、9月、10月
分布または原産地 ? 日本(本州~琉球)、朝鮮、中国、インドマレーシア
生活型 ? 一年草
生活様式 ? 水生
草丈・樹高 ? 200〜300mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
花のつき方 ? 総状花序
花弁の数 ? 6
花の色 ? 青、紫
花径 ? 15〜20mm
葉の色 ?
日本花き取引コード ? 69125
検索サイトの検索キー ? コナギ