山野草イワカガミnewおすすめ本と映画5月の過去記事いいねしよう

ノハカタカラクサ

ツユクサ科 ムラサキツユクサ属

Tradescantia fluminensis

〔基本情報〕
道端などのやや湿った日陰でよくみられる常緑多年草。
茎や花柄、葉の裏面が紫色を帯びます。
茎はよく枝分かれして、地を這い、節から根を出して、長さ1mほどに伸びます。
茎の上部は立ち上がります。
葉は2列に互生して、長さ3~6cm、幅1~3cmの楕円形~披針形、多肉質です。
葉の縁は全縁で、微毛がはえます。
葉の基部は筒状の鞘となって茎を抱きます。
葉鞘の縁には白い毛がはえます。
茎先に集散花序を出し、花序は2個の苞に包まれます。
花は径1.5cmほどの白色の3弁花です。
雄しべは6個で、花糸には白色の毛が密にはえます。
萼は緑色で花弁より短く、外側に毛がはえます。
果実は蒴果です。

〔栽培〕
増殖は株分け、挿芽によります。
日向~半日陰で水はけがよい土壌を好みます。
幅広い環境に適応して、栽培は容易です。
水やりは多湿になりすぎないように春と秋は土が乾いたらたっぷりと与え、真夏と冬は乾燥気味で管理します。
肥料は春~秋に緩効性化成肥料を置き肥します。
病虫害としてはカイガラムシ、ハダニがあります。
名前 ノハカタカラクサ (野博多唐草) 、トキワツユクサ (常盤露草)
花咲く季節 ? 5月、6月、7月、8月
分布または原産地 ? 南アメリカ
生活型 ? 多年草
常緑・落葉 ? 常緑
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? ミドリハカタカラクサ
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、9月、10月
形状 ? 匍匐
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 集散花序
花弁の数 ? 3
花の色 ?
花径 ? 15mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 株分け、挿芽
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 乾燥、普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 鉢植、ハンギングバスケット
虫害 ? カイガラムシ、ハダニ
検索サイトの検索キー ? ノハカタカラクサ