浴衣の文様newインスタ8月の過去記事

ナルコユリ

キジカクシ科(クサスギカズラ科) アマドコロ属

Polygonatum falcatum var. falcatum

〔基本情報〕
山地の林縁や草地でみられる高さ60~80cmの多年草。
根茎は径0.5~1.5cmで数珠状につながります。
茎は長さ40~140cmの円柱状で上部が弓状に曲がります。
葉は2列互生する単葉で、長さ7~23cm、幅0.9~4cmの披針形~長楕円形、全縁です。
葉腋から散房花序を出し、2~6個ずつ白色で先端が緑色になる長い鐘状の花を吊り下げます。
果実は径0.7~1cmで球形の液果で暗緑色に熟します。

〔利用〕
根茎は薬用にされます。

〔栽培〕
増殖は株分けによります。
根茎が枝分かれしたつけ根のところで切り分けます。
水はけと風通しのよい場所であれば土質は選びません。
秋~春に日向、真夏は半日陰になる場所を好みます。
栽培は容易です。
水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、地植えの場合は降雨にまかせます。
施肥は元肥を施せば特に必要ありませんが、寒肥として有機肥料を与えると春からの生育がよくなり株が太ります。
地下茎が横にのびるため、地植えで数年植えっぱなしにすると株が移動するので、その際は改植します。
病虫害は特にありません。

〔備考〕
花が垂れ下がった様子を、田で鳥を追う鳴子に例えた名です。
名前 ナルコユリ (鳴子百合) 、ホソバナナルコユリ (細葉鳴子百合) 、ハガクレナルコユリ (葉隠鳴子百合)
花咲く季節 ? 5月、6月
分布または原産地 ? 日本(本州:関東地方以西、四国、九州)、朝鮮南部
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、10月、11月
草丈・樹高 ? 600〜800mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 散房花序
花の色 ?
実の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 株分け
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性
用途適性 ? 鉢植、花壇、コンテナ
有用 ? 薬用
検索サイトの検索キー ? ナルコユリ