3/15をもってサービスを停止いたします 最後はアマドコロnew

ウバタケギボウシ

キジカクシ科(クサスギカズラ科) ギボウシ属

Hosta pulchella

〔基本情報〕岩場にはえ、高さ13~40cmほどになる多年草。
やや匍匐する根茎をもちます。
葉はロゼット状に出て直立または開出し、長さ3~13cm、幅1~8cmの卵形で、光沢があり、基部は心形です。
葉の裏面の脈上はなめらかです。
葉柄は細く、葉よりも長いです。
葉の基部は葉柄に沿って流れません。
花茎は斜めに立ち上がり、紫色を帯びます。
花は総状花序につき、基部に苞があります。
苞は長さ13~30mmの披針形のボート状で、開花時も緑色で張りがあります。
花冠は淡い紫色で、長さ40~50mmの花被片が6枚あります。花被片の内側に濃い紫色の脈があり、地色との濃淡がめだちます。
1つの花は朝開いて夕方しぼむ一日花です。葯は紫色を帯び、結実します。

〔備考〕祖母山の別名を姥岳ということからついた名です。
名前 ウバタケギボウシ (姥岳擬宝珠)
花咲く季節 ? 7月
分布または原産地 ? 日本(九州:祖母山)
指定植物 ? EN:絶滅危惧IB類、日本固有種
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? ナンカイギボウシ
草丈・樹高 ? 130〜400mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 根生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 総状花序
花弁の数 ? 6
花の色 ?
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? ウバタケギボウシ