筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

キツネノカミソリ

ヒガンバナ科 ヒガンバナ属

Lycoris sanguinea var. sanguinea

〔基本情報〕道端や林縁などでみられる高さ30~50cmの多年草。
地下に径2~4cmで広卵形の鱗茎があります。
鱗茎の外皮は黒褐色です。
葉は根出し、長さ30~40cm、幅0.8~1cmのやや幅が広い線形です。
葉は春に出て、夏には枯れます。
葉の枯れた後、花茎が立ちます。
花茎の先に黄赤色の花を3~5個、散形状につけます。
花は長さ5~8cmの6弁花で、斜めに開きます。
花被片の先は反り返りません。
果実は径1.5cmの球形の蒴果で、よく結実します。
種子は、まるくて平たく、黒色です。

〔備考〕キツネの出そうなさびしい場所にはえ、葉が剃刀に似ることから名がついたとされます。
有毒植物です。
名前 キツネノカミソリ (狐剃刀)
花咲く季節 ? 8月、9月
分布または原産地 ? 日本(本州、四国、九州)、中国
指定植物 ? 日本固有種
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 300〜500mm
葉の形 ? 線形
葉の生え方 ? 根生
花弁の数 ? 6
花の色 ? 赤、橙、黄
葉の色 ?
日本花き取引コード ? 16329
検索サイトの検索キー ? キツネノカミソリ