大鳥神社とヤツガシラnewインスタ9月の過去記事

ハマオモト

ヒガンバナ科 ハマオモト属

Crinum asiaticum var. japonicum

〔基本情報〕
海岸にはえる常緑多年草。
鱗茎をもち、長さ30~50cm、径3~7cmの円柱形となります。
葉は根生し、長さ30~70㎝、幅4~10㎝の帯状、やや肉質で光沢があります。
高さ50~80cmの丈夫で太い花茎を出し、先端に散形花序をつけます。
花序の基部には、長さ6~10cmで線状長楕円形、膜質で白色の総苞が2枚あります。
花は白色で、花被片は6個あり、下部は長さ4~6cmの細い筒状になります。
花被片は長さ5~8.5cm、幅0.5~0.8cmの線形で、反り返ります。
雄しべは6個あり、T字形に葯がつきます。
花には芳香があり、特に夜に強く香ります。
果実は長さ2~4cmの球形の蒴果で、熟すと不規則に裂けます。
種子は径2~3㎝の球形で、種皮は灰白色のコルク質、その内側が海綿状になっていて海水に浮いて散布されます。

〔利用〕
有毒ですが鱗茎を薬用にします。

〔栽培〕
増殖は実生によります。
霜の降りない地域であれば戸外越冬可能です。
日当たりと水はけのよい土壌を好み、鉢植えの場合は10号以上の大きな深鉢を必要とします。
水やりは鉢植えの場合は春~秋は土が乾いたらたっぷりと与え、冬は乾かし気味に管理します。
地植えの場合は降雨にまかせます。
施肥は春と秋に緩効性肥料を置き肥します。
病虫害としてはウイルス病やハマオモトヨトウがあります。

〔備考〕
海岸にはえ、葉がオモトに似ることから名がつきました。
名前 ハマオモト (浜万年青) 、ハマユウ (浜木綿)
poison bulb、giant crinum lily、grand crinum lily
花咲く季節 ? 6月、7月、8月、9月
分布または原産地 ? 日本(本州:関東地方南部以南~琉球)、朝鮮
生活型 ? 多年草
常緑・落葉 ? 常緑
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月
草丈・樹高 ? 500〜800mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 根生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 散形花序
花弁の数 ? 6
花の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ? 種子、苗
繁殖方法 ?
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐暑性、耐乾性、耐潮性
用途適性 ? 鉢植、花壇、公園・庭園、屋上緑化
病害 ? ウイルス病
虫害 ? ハマオモトヨトウ
有用 ? 薬用
日本花き取引コード ? 20039
検索サイトの検索キー ? ハマオモト