ムラサキシキブnewいいねしよう11月の過去記事

ヤマラッキョウ

ヒガンバナ科 ネギ属

Allium thunbergii

〔基本情報〕
山地の草原にはえ、地下に鱗茎ができる高さ30~60cmほどの多年草。
鱗茎は狭卵形で長さ2~3cmほどです。
鱗茎の外皮は灰白色で、ときに古い外皮が繊維状に残ります。
葉は根出し、長さ20~50cm、幅0.2~0.5cmほどの線形で、断面は鈍い三角形となり、中空です。
花茎の先端に球状の散形花序を出し、紅紫色の花が多数咲きます。
花被片は6個あり、長さ0.4~0.7cmの先がまるい楕円形で、平開しません。
雄しべが花被片より著しく長いです。
果実は蒴果です。

〔栽培〕
増殖は実生、分球によります。
日当たりと風通しがよく、水はけのよい土壌を好みます。
赤玉土と鹿沼土を混ぜたものを使用するとよいです。
水やりは水切れしないように注意し、鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、地植えの場合は晴天が続いて乾燥しないかぎりは降雨にまかせます。
施肥は元肥のほか、春と秋に少量の緩効性化成肥料を置き肥します。
病虫害としてはアブラムシ、ネギコガがあります。
名前 ヤマラッキョウ (山辣韮、山辣韭、山薤)
Thunberg's chive
花咲く季節 ? 9月、10月、11月
分布または原産地 ? 日本(本州:秋田県以南~九州)、朝鮮、中国、台湾
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 2月、3月
草丈・樹高 ? 300〜600mm
葉の形 ? 線形
葉の生え方 ? 根生
花のつき方 ? 散形花序
花弁の数 ? 6
花の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、球根
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通、湿潤
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 鉢植、花壇、公園・庭園
虫害 ? アブラムシ、ネギコガ
検索サイトの検索キー ? ヤマラッキョウ
エバーグリーンポストでの記事 [ヤマラッキョウ]乙女湖ロードで冬を告げるヤマラッキョウ|ヒガンバナ科ネギ属|エバーグリーン