山野草イワカガミnewおすすめ本と映画5月の過去記事いいねしよう

キイイトラッキョウ

ヒガンバナ科 ネギ属

Allium kiiense

〔基本情報〕地下に鱗茎ができる高さ15cmほどの多年草。
丘陵帯~低山の日当たりがよい岩場にはえます。
鱗茎は狭長楕円形で長さ20~25mmほどです。
葉は根出し、長さ10~20cm、幅1mmほどの細長い円柱状になります。
花茎は8~20cmで葉がつかず、先端に紅紫色の花を10個前後つけます。
花被片は長さ3~4mmの広卵形で先がまるく、雄しべが花被片より著しく長いです。
果実は蒴果です。
イトラッキョウは花がやや大きく、花被片は長さ5mmほどで雄しべがキイイトラッキョウほど長くない点で区別できます。

〔来歴〕和歌山県で発見されました。
名前 キイイトラッキョウ (紀伊糸辣韮)
花咲く季節 ? 10月、11月
分布または原産地 ? 日本(岐阜県、愛知県、和歌山県、山口県)
指定植物 ? VU:絶減危惧II類、日本固有種
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? イトラッキョウ
草丈・樹高 ? 150mm
葉の形 ? 線形
葉の生え方 ? 根生
花のつき方 ? 散形花序
花弁の数 ? 6
花の色 ?
葉の色 ?
土の必要性 ? 必要
日本花き取引コード ? 60161
検索サイトの検索キー ? キイイトラッキョウ

「キイイトラッキョウ」への投稿写真