硬い殻のオニグルミnew5月の過去記事いいねしよう

コウトウシラン

ラン科 コウトウシラン属

Spathoglottis plicata

〔基本情報〕日当たりのよい草地でみられる高さ1mになる多年草。
偽鱗茎は広円錐形です。
葉は数枚が根生し、長さ30~120cmの披針形で、表面に縦じわがめだちます。
総状花序を出し、5~25個の花をやや密につけます。
花は径2.5~3cmで、萼片と側花弁は長楕円形、唇弁は3裂して、基部に一対の黄色い突起があります。
花色はふつう藤色~青紫色ですが、白色やピンク色もあります。

〔栽培〕増殖は株分けと実生によります。
日当たりと水はけのよい場所を好みます。
冬期の最低気温は10℃以上を保つようにします。
亜熱帯~熱帯地域では環境が合えば放任でも良く育ち、周年開花します。
水やりは鉢植えの場合は春~秋は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、冬は乾かし気味に管理します。
地植えの場合は降雨にまかせます。
肥料は元肥のほか、春~秋には月に1~2回液肥を与え、緩効性化成肥料を置き肥します。
病虫害としてハダニ、ナメクジがあります
名前 コウトウシラン (紅頭紫蘭)
Philippine ground orchid、Philippine orchid、large purple orchid
花咲く季節 ? 5月、6月、7月、8月、9月
分布または原産地 ? 日本(石垣島、西表島)、熱帯アジア~オセアニア
指定植物 ? VU:絶減危惧II類
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月
草丈・樹高 ? 1000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 根生
花のつき方 ? 総状花序
花弁の数 ? 6
花の色 ? 紫、桃、白
花径 ? 25〜30mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、株分け
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 乾燥、普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐暑性、非耐寒性
用途適性 ? 鉢植、花壇、公園・庭園
虫害 ? ハダニ、ナメクジ
日本花き取引コード ? 70141
検索サイトの検索キー ? コウトウシラン

「コウトウシラン」への投稿写真