おすすめ本と映画new5月の過去記事いいねしよう

ニラバラン

ラン科 ニラバラン属

Microtis unifolia

〔基本情報〕
海岸の日当たりのよい草地でみられる高さ10~40cmになる多年草。
地生ランです。
地下に球茎をもちます。
葉は1個だけ出て、長さ15~25cm、径0.2cmほどの円柱状で、基部は鞘となって茎を抱きます。
総状花序に20~30個の花を密につけます。
花は径3mmほどと小さく、淡い緑色です。
背萼片は広卵形で、長楕円形の側花弁とともにかぶとをつくります。
唇弁は舌状で、しばしば基部にいぼ状突起があります。
果実は蒴果です。
名前 ニラバラン (韮葉蘭)
花咲く季節 ? 4月、5月
分布または原産地 ? 日本(本州:千葉県以西、四国、九州、琉球)、中国南部、台湾、東南アジア、オセアニア
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 100〜400mm
葉の形 ? 特殊
花のつき方 ? 総状花序
花の色 ?
花径 ? 3mm
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? ニラバラン

「ニラバラン」への投稿写真