筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ハクウンラン

ラン科 ハクウンラン属

Kuhlhasseltia nakaiana

〔基本情報〕林床でみられる高さ5~13cmほどの小さな多年草。
地生ランです。
本州北部ではヒノキアスナロの林床、その他の地域では常緑または落葉広葉樹林、それらの混交林の林床でみられます。
茎は根元で匍匐しますが、上部では直立します。
葉は互生する単葉で、茎の根元に数枚、まばらにつきます。
葉は長さ3~7mm、幅2.5~7mmの卵円形で、鞘状になった短い葉柄があり、茎を抱きます。
花茎の先に1~7個の花を穂状につけます。
花茎には細かい軟毛がはえます。
花は側萼片が背萼片より長く、長さ4.5~5mmになり、基部で合着してふくらみ、唇弁の基部を包みます。
側花弁は背萼片に密着してめだちません。
萼片と側花弁は淡い緑色です。
唇弁は白色で、爪部(根元)が細く、舷部(先端)は横長の長方形状に急に広がり、丁字形になります。
唇弁の基部は2つの半球状のふくらみがある距となります。
それぞれのふくらみの内側には細長い肉質の突起があります。
子房、苞、萼片には細かい軟毛がはえます。

〔備考〕名は中井猛之進によって朝鮮半島の白雲山で初めて採集されたことによります。
名前 ハクウンラン (白雲蘭) 、ムライラン 、イセラン (伊勢蘭)
花咲く季節 ? 6月、7月、8月
分布または原産地 ? 日本(本州、四国、九州)、朝鮮
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 10〜130mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
花弁の数 ? 6
花の色 ? 緑、白
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? ハクウンラン

「ハクウンラン」への投稿写真