筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ツチアケビ

ラン科 ツチアケビ属

Cyrtosia septentrionalis

〔基本情報〕落葉樹林内やササ薮内でみられる高さ50~100cmの地生ランで、菌従属栄養植物。
太く、横に長く這う根茎をもちます。
根茎には鱗片葉がつきます。
地上に光合成を行う葉をもたず、養分は共生菌であるナラタケに依存します。
茎は黄色で、直立して太く、まばらに鱗片葉がつきます。
茎の上部に複総状花序を出し、多くの花をやや密につけます。
花は径2.5~3cmで黄褐色、半開きとなります。
萼片と側花弁は長楕円形です。
唇弁は広卵形で厚みがあり、縁が細かく分裂します。
果実は長さ6~10cm、幅1.5~3cmで長楕円形の液果で、多肉質です。
果実は熟すにつれて垂れ下がり、茎とともに赤く色づきます。
果実は熟しても裂開しません。

〔利用〕果実を民間薬として利用します。

〔備考〕土から出てアケビのような実がつくことが名の由来です。
名前 ツチアケビ (土通草) 、ヤマシャクジョウ (山錫杖) 、ヤマノカミノシャクジョウ (山の神の錫杖)
花咲く季節 ? 6月、7月、8月
実のなる季節 ? 9月、10月
分布または原産地 ? 日本(北海道~九州)
生活型 ? 菌従属栄養植物
生活様式 ? 菌従属栄養
草丈・樹高 ? 500〜1000mm
花弁の数 ? 6
花の色 ? 黄、茶
花径 ? 25〜30mm
実の色 ?
検索サイトの検索キー ? ツチアケビ