ウワバミソウ new6月の過去記事いいねしよう

クマガイソウ

ラン科 アツモリソウ属

Cypripedium japonicum var. japonicum

〔基本情報〕
林下、特にスギ林や竹林でみられる高さ20~40cmの多年草。
地生ランです。
根茎を横にのばして群生します。
茎には毛がはえます。
葉は2枚が互生しますが、接近しているため対生にみえます。
葉は径10~20cmの扇円形で、放射状に多数の葉脈が伸び、縦じわがあります。
花は茎先に単生し、径10cmと大きく、横向きに咲きます。
萼片と側花弁は長さ4~5cmで淡い黄緑色です。
側花弁の内側には褐色の斑点があります。
唇弁は大きな袋状になり、クリーム色に紅紫色の脈があります。

〔栽培〕
増殖は株分けによります。
本種は根茎の節間が長いですが、折らないように気を付けて、4節をつけて植えます。
鉢植えの場合は大鉢かプランターがよいです。
水はけのよい土を好むので、鉢植えの場合は山野草の土を用いるとよいです。
年間を通じて半日陰になる場所で育てます。
夏の直射日光に当たると葉やけを起こし、株が弱って、翌年に花が咲かないことがあります。
夏は涼しい日陰に移すとよいです。
冬の凍結と霜には注意が必要です。
水やりは鉢植えの場合、土の表面が乾いたっぷりと水を与え、真夏はやや控えめにします。
冬も土が少し湿る程度の控えめな水やりとします。
乾燥しすぎても多湿になっても株が衰えます。
地植えの場合は降雨にまかせます。
施肥は春と秋に1000倍に薄めた液肥を月に2回与えます。
病虫害としてはナメクジやアカダニがあります。

〔備考〕
袋状の唇弁を熊谷直実の背負っていた母衣に例えた名です。
名前 クマガイソウ (熊谷草) 、クマガエソウ (熊谷草)
Japanese cypripedium、Korean lady's slipper
花咲く季節 ? 4月、5月
分布または原産地 ? 日本(北海道西南部~九州)、朝鮮、中国
指定植物 ? VU:絶減危惧II類
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 5月、6月
草丈・樹高 ? 200〜400mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
花のつき方 ? 単生
花弁の数 ? 6
花の色 ? 複色
花径 ? 100mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 株分け
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐陰性
用途適性 ? 鉢植、花壇、公園・庭園
虫害 ? ナメクジ、アカダニ
日本花き取引コード ? 23342
検索サイトの検索キー ? クマガイソウ