日光のスギいいね!しよう

文一総合出版

シュンラン

ラン科 シュンラン属

Cymbidium goeringii var. goeringii

〔基本情報〕
やや乾いた林内でみられる常緑多年草。
地生のランです。
球茎をもち、根は太い紐状です。
葉は束生して、長さ20~35cm、幅0.6~1cmの細長い線形で、弓状に曲がり、縁には微細な鋸歯があります。
葉の基部は鞘になります。
高さ10~25cmで肉質の花茎を出し、先端に1個(まれに2個)の花をつけます。
花茎は数個の膜質の鞘状葉に包まれます。
苞は長さ3~4cmで披針形です。
花は黄緑色で、萼片と側花弁がほぼ同形同色となります。
萼片は長さ3~3.5cm、幅0.7~1cmの倒披針形で、やや肉質です。
唇弁は3裂し、中央の裂片は白色で赤紫色の斑点があり舌状に反り返ります。
果実は長楕円形の蒴果です。

〔利用〕
花や花茎を山菜として利用します。
根を民間薬として利用します。

〔栽培〕
増殖は株分けによります。
素焼鉢で栽培し、通気性と水はけのよい土を用います。
蘭用の土を用いるのが簡単です。
鉢は脚つきのものにするか、棚に置き、鉢底の通気をよくします。
半日陰の風通しの良い場所を好むので、地植えの場合は木の下に植えるとよいです。
水やりは過湿にならないように注意し、鉢植えの場合は春~秋は土が乾いたらたっぷりと与え、冬は乾かし気味に管理します。
花芽が出てきてからは、花芽に水がかからないようにします。
施肥は春と秋に液肥を月1回程度与えるか、緩効性肥料を置き肥します。
病虫害としてはウイルス病、アブラムシ、ハダニがあります。
名前 シュンラン (春蘭) 、ホクロ 、ジジババ
noble orchid
花咲く季節 ? 3月、4月
分布または原産地 ? 日本(北海道:奥尻島、本州、四国、九州)、朝鮮、中国~ヒマラヤ西部
生活型 ? 多年草
常緑・落葉 ? 常緑
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月、9月、10月
草丈・樹高 ? 100〜250mm
葉の形 ? 線形
葉の生え方 ? 束生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 単生、総状花序
花弁の数 ? 6
花の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 株分け
日照条件 ? 半日陰
水分の必要性 ? 乾燥、普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性
用途適性 ? 鉢植、公園・庭園
病害 ? ウイルス病
虫害 ? アブラムシ、ハダニ
食用 ?
有用 ? 薬用、食用
日本花き取引コード ? 13214
検索サイトの検索キー ? シュンラン