日光のスギいいね!しよう

文一総合出版

ササバギンラン

ラン科 キンラン属

Cephalanthera longibracteata

〔基本情報〕
林内でみられる高さ30~50cmの多年草で、地生ランです。
短い根茎をもちます。
葉は6~8個つき、互生する単葉で、長さ7~15cm、幅1.5~3cmの卵状披針形です。
葉はやわらかく、質がやや薄いです。
葉の縁は全縁です。
葉の基部は茎を抱きます。
葉の裏面や縁、花茎に白色の短毛状突起があります。
総状花序に白い花を数個まばらにつけます。
苞は線形で花茎の下部につく1~2個が特に長くなります。
花はほぼ半開程度までしか開かず、萼片は長さ1.1~1.2cmの披針形、側花弁は萼片より短く幅広です。
唇弁には黄褐色の隆条線があります。
唇弁の基部は筒状の距となります。

〔備考〕
名は葉の形と花の色によります。
名前 ササバギンラン (笹葉銀蘭)
花咲く季節 ? 5月、6月
分布または原産地 ? 日本(北海道~九州)、朝鮮、中国東北部、極東ロシア
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? ギンラン
草丈・樹高 ? 300〜500mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 総状花序
花の色 ?
葉の色 ?
日本花き取引コード ? 70173
検索サイトの検索キー ? ササバギンラン